築地早朝散策 Part.2 玉子焼き2店舗食べ比べ

 海鮮丼を朝食にした後は、築地らしいデザートを探します。
 築地ならではの甘い料理と言えば、やはり玉子焼きでしょうか。

 お腹の関係もあるので(海鮮丼を食べたばかりですので)、今回は玉子焼きで有名なお店を2軒まわってみます。

r2016061906.jpg

 築地には昔から玉子焼きを専門に扱うお店が多くあります。
 お魚ではない玉子焼き専門店があるのは、寿司屋さんが仕入れに来るからだと思われます。
 玉子に縁のある地域らしく、場外にある波除神社には玉子塚では料理に使われた玉子を供養しています。

 神社内には他にも海老塚、活魚塚、鮟鱇塚などがあり、見るだけでも面白いので、築地へお越しの際のオススメルートでございます。

r2016061901.jpg

 まずは1軒目。
 TV番組でもお馴染みの、丸武さんです。
 芸能人、テリー伊藤さんの御実家という事でも有名です。

 当店でも10年15年前からお世話になっています。
 郊外のデパートなどで特設販売を行っている事もあるので、食べられた方も多いはず。
 築地では観光客の方の為に、100円の食べ歩きサイズも用意されていました。

r2016061902.jpg
丸武 玉子焼き(100円)

 丸武さんの食べ歩き玉子焼きは、プレーン味。
 甘味はかなり強く、もはやちょっとしたスイーツ級。
 ケーキの甘さとプリンの柔らかさがミックスしたようです。

 しかも出来たてで、まだ温かいですね。

 買ってきて家で食べる丸武の玉子焼きとは別物でした。
 ぷるんぷるんした食感がお好きな方はお気に召すはずです。

r2016061903.jpg

 対する(?)2軒目は築地山長さん。
 こちらも昔からある老舗の玉子焼き屋さんです。

r2016061904.jpg

 こちらの食べ歩き玉子焼きは甘いバージョンとそうでないバージョンがあります。
 また付け合せの大根おろしも用意されており、自由につける事が出来るそうです。

 今回はデザートなので、甘いバージョンを頼みましょう。

r2016061905.jpg
山長 玉子焼き 砂糖入(100円)

 ・・・・・・あ、食べてみると、明らかに丸武さんとの違いが分かります。

 まず食感は、丸武さんのものと比べるとしっかりしています。
 硬いのではなく、しっかりしている、というのがポイントです。

 そしてダシがしっかりきいており、まるで茶碗蒸しを食べているようです。
 これで玉子の寿司を食べたら、きっと美味しいでしょう。

 食べ歩きフードとして秋葉原ではケバブ、原宿ではクレープだったりします。
 そうなると築地の場合は、間違いなく玉子焼きです。
 どちらも100円とはとても思えない高い品質のスイーツですので、築地訪問の際にはお試し下さいね。


【玉子焼き2店舗】
 つきじ玉子焼丸武:東京都中央区築地4-10-10
 築地山長:東京都中央区築地4-16-2
スポンサーサイト
[ 2016/06/19 09:00 ] 一般のお店 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/913-6d684bb1