Pijalnia Czekolady E.Wedel

r2016102201.jpg

 今回がポーランド研修レポートの最終回となります。
 最後に立ち寄った観光場所は、手軽に楽しめるアクティビティ。
 それはなんと、射撃です。

 ワルシャワにある射撃場の受付には、沢山の銃のレプリカが並んでいます。

r2016102202.jpg

 銃はハンドガンからアサルトライフルまで7丁(挺)。
 どれも想像以上の反動で、操作を間違えると反動だけで怪我をしそうでした。
 体力の消耗も想像以上でしたね。

 詳細は本店の9月の日記をご覧ください。

r2016102203.jpg

 ショットガンの時に使用したターゲット。
 拡散弾なので命中率もわからないくらいに穴だらけです。

 セーラー服と機関銃の続編で、メイド服と散弾銃みたいなのを作って頂けませんかね。

r2016102204.jpg

 さて、疲れた後は甘いものを食べたくなるもの。
 ポーランドの名物のひとつにチョコレートがありますので、味わってみましょう。
 
 ここはポーランドの首都ワルシャワ。
 ポーランドの老舗チョコメーカー、ヴェデルのショップです。
 スーパーなどでも売られているヴェデル製品だけでなくカフェスペースも併設されており、中で楽しむ事が出来ます。
 
 ご年配のお客様でオープンスペースのカフェ席も賑わっていますね。

r2016102205.jpg

 ポーランド語のメニューは、ウェイターさんに頼めば英語版に交換してくれます。
 映画で見かけるようなヨーロッパのイケメンウェイターさんで、とても親切にしていただきました。。

r2016102206.jpg
チョコレート ナッツ&バニラ(20ズウォティ/約600円)

 それでは早速、ヴェデルのチョコレートを味わいましょう。
 まずはナッツ(クルミ等)とバニラ、アイスの入ったチョコレートで、日本のパフェに近いでしょうか。

 チョコレートは甘過ぎる事も無く、苦すぎる事も無く、カフェで食べられる品質としては最高クラスでしょうか。
 これに匹敵するチョコパフェを食べた記憶は、日本国内ではないかもしれません。
 チョコ専門店のチョコレートスイーツの実力を知りました。

 3行で説明するのがもったいないくらいの逸品です。 

r2016102207.jpg
シュガーフリー ホットチョコレート(14ズウォティ/約420円)

 そしてちょっと間違えたのが、こちらのオーダー。
 シュガーフリーと書いてあるので甘くないのかと思ったのですが、シュガーフリーは砂糖が入ってないのではなく、いわゆるダイエットコーラのようなもので、甘みがしっかりありました。

 おかげさまで口の中は甘いチョコでいっぱいに。
 お冷をおわかりしたのも久しぶりです。
 このお店を利用してから、チョコ好きの私もさすがに数日はチョコを食べる事はありませんでした。

 余談として、ポーランドへ行かれる方はスーパーでヴェデルの商品を探すと良いと思います。
 ヴェデルのチョコはいわゆる海外の甘いチョコレートとは違いビターテイストの物が多く、日本へのお土産に最適ですよ。


【Pijalnia Czekolady E.Wedel】
 住所:Szpitalna 8, Warszawa, Poland


スポンサーサイト
[ 2016/10/22 16:00 ] 海外のお店 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://medoicolumn.blog134.fc2.com/tb.php/957-43fc5a70