Honey Honey 秋葉原店 29回目

r2018031101.jpg
日替メニュー レタスとスパムのチャーハン(830円)

 この日の日替わりメニューはレタスとスパムのチャーハン。
 ガーリック要素マシマシで、スタミナが出そうなメニューでした。
 230円でドリンクが追加できるので、セットで頼むとメイドカフェ業界の相場では非常にお得なセットになります。

 ハニハニさんで日替わりメニューを食べられたのはいつ以来でしょうか。
 フードもデザートも美味しく、メニューの時点ですでにライバルの多いお店ですので、
「今日は日替わりを食べよう!」
 と気合を入れないと、すぐにオムライスやパフェに流れてしまいます。 


【HoneyHoney 秋葉原店】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田3-7-12 イサミヤ第8ビル2F



Cafe Mailish 35回目

r2018030401.jpg
ドリンク&ケーキセット(1000円)

 時系列的には、前回より前の出来事となります。
 比較的空いている時間帯に、メイリッシュさんへお邪魔致しました。

 メイドさんと動物、特にゾウについて熱く語っていたら、なんとケーキにゾウのイラストが!
 当然、毎回やってもらえるサービスではありません。
 メイドさんは私がレポートサイトの管理人とも御存じありません。
 平日のお昼にたまたま行けたので体験できたサービスでございます。

 お絵かきの有無に限らず、平日のメイリッシュはのんびりとしていてとても良い空間でした。
 

【Cafe Mailish】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田3-6-2 FH協和スクエア 2F




CCOちゃ 1回目

r2018022501.jpg

 先週に続き、1月の西国訪問レポートです。
 こちらは大阪道頓堀。
 関西のコンカフェメッカである日本橋(にっぽんばし)とは歩いて行ける距離。
 ここで食事をしてメイドカフェでデザートを食べる、というセットも楽しめます。

 もっとも日本橋のコンカフェはお料理の美味しいお店も多いので、食事もデザートも楽しめます。

r2018022502.jpg

 この日お邪魔したのは、大阪日本橋のメイドカフェCCOちゃさん。
 大阪日本橋初のメイドカフェという、老舗店です。 
 店内は料理も含めて撮影が禁止なので、本日は文章のみ。

 注文したメニューはコーヒーとパフェ「ルーラ」。
 ルーラの中身はチョコレートパフェです。

 CCOちゃさんはメニューの一部の名前が独特でして。

 パスタならルパン、五右衛門、次元。
 パフェはホイミ、ルーラ、ミナデイン。
 パンケーキはセーラームーン、プリキュア。
 
 説明文も写真も掲載されていないので、読んでいてさっぱりわかりません。
 これはお客様の不便を考えていないのか、それともこのメニューの内容をメイドさんから聞く事でコミュニケーションのきっかけにしようとしているのか。後者ならさすが老舗だと思うのですが、初来店の私には判断することはできませんでした。

 提供されたパフェ「ルーラ」は美味しかったです。
 写真撮影は禁止ではありますが、全体的に価格は抑え目で、さらにチャージがかからないという事で、お得感のあるお店です。
 日本橋をご訪問されコンカフェのハシゴをされる際には、訪問先のひとつに入れても損は無いと思います。


【メイドカフェ CCOちゃ】
 公式サイト
 住所:大阪市浪速区難波中2-4-8




Cafe Mailish 34回目

r2018022401.jpg

 カフェメイリッシュさんでは、28日まで「カスタムオーダーメイド3D2(KISS)」のコラボイベントを開催。
 作品の衣装を着たメイドさんが給仕をされておられます。

r2018022402.jpg

 期間内に来店されたお客様には、特製のクリアファイルとランチョンマットが貰えます。
 ランチョンマットは紙製で、+200円でラミネート加工をしてくれますので、綺麗に持って帰りたいファンの方も安心です。

r2018022403.jpg
無垢ちゃん(ポストカード付 1100円)

 せっかくですので、限定メニューのドリンクを頼んでみました。
 無垢ちゃんの中身は、カフェオレとストロベリーシロップのミックス。
 良く混ぜると甘酸っぱくなる、不思議なテイストです。

 オマケのポストカードには、ゲームで実際に使えるカフェメイリッシュメイド服のコードが書かれています。
 この作品を遊ばれている方にとっては、データ代で元が取れる金額でしょうかね。

 ちなみに今回は是非チェキをオーダーしましょう。
 普段のメイド服とはまた違った可愛い衣装を着ているメイドさんはとても魅力的ですよ。


【Cafe Mailish】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田3-6-2 FH協和スクエア 2F




ミアカフェ 1回目

r2018021901.jpg

 今月上旬、ミアカフェの公式ツイッターが発言したツイートがニュースになりました。
 内容はともかく、良くも悪くもこれもご縁。
 メイドカフェレポートが現サイトで更新されてから、初めて立ち寄りました。
(旧サイトでは2004年5月から2008年10月までの間に何度か通っていたようです。)

r2018021902.jpg

 あの頃から店舗の場所とシステムが変更しています。
 店舗は須田町へ、また東日本大震災以降は放射能対策として、ベクレルフリー食材をできるだけ利用する為に90分で500円のチャージ料が発生するようになりました。

 チャージ料がかかるとはいえ、実際はテーブルチャージが無料になるキャンペーンや、テーブルチャージ込みでお得なメニューなどもあり、割高感はありません。チャージ料が安くなるサービスを利用すること前提にすれば、主だった老舗店に比べるとチェキの金額も抑えめです。

 空いていた時間帯と言う事もあって、メイドさんの対応も良く、感じの良い接客をしていただきました。
 以上の点だけをもって紹介すれば、老舗にも新興店にも負けない優良店だと思います。

r2018021903.jpg
おえかきオムライス(1300円 / 値段は公式サイトより)

 そんな良い印象が吹き飛んでしまったのがこのオムライス。
 贔屓目に見ても、温めて提供するだけのレトルトだと思われます。
 普通のメイドカフェなら、これでも問題ないんです。

r2018021904.jpg

 ところがこのお店に入ろうとする前に見た、店頭のメニューにはこう書かれています。

 メイドが目の前で卵をかけて、ラクガキしてくれます。

 実は、今回ミアカフェを利用するきっかけになったのがこの店頭メニューだったんです。
 半熟卵を割るタイプのオムライスは美味しいですからね。
 それがいかにもレンチン(湯煎)したようなものが出てきたのが非常に残念でした。

 店頭メニューは新規顧客を増やす為の情報でもありますので、これが古いままだとお店の信頼を失うのではないでしょうか。
 


【ミアカフェ東京店】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区神田須田町2-19-36 THビル1F