スープカレー カムイ 76回目

r2018021001.jpg
チキンカレー(800円)

 今週、カムイさんへお邪魔致しました。
 オーダーしたのはレギュラーメニューのチキンカレー。
 昨年は限定メニューを沢山食べてきたので、今年はレギュラーメニューも楽しもうと思います。

 柔らかい上にポークよりもヘルシー。
 レトルトカレーでもお馴染み、カムイさんのスタンダードナンバーでしょう。

 ただ、今日の目的はこれだけではないのです。

r2018021002.jpg

 実はカムイさん7周年記念として、当店からイラストを謹呈致しました。
 ツイッター係の長谷川結菜をメインとして、カマンベール係のキナコ、ナス係のメイド長プリシア、鶏係の遥と、日頃カムイさんの2Fにいるメンバーが出演しています。 

 どこかで見たような広告・・・・・・でしょうか?

r2018021003.jpg

 なお新作イラストはカムイさん2Fのイートインスペース入って右手、ルフィドニアシートに掲示されております。 
(この写真では、右上の作品以外はすべてルフィドニアの作品です)

 当店のキャラクターが沢山展示されておりますので、注文されたスープカレーをお待ちの際にでもお楽しみください。
 写真などもバンバン撮影してくださいね。


【札幌スープカレーの店 カムイ】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区神田須田町2-12-5



Honey Honey 秋葉原店 28回目

r2018020301.jpg
ロイヤルミルクティーアイスのワッフル(590円)

 デザートを食べに、HoneyHoneyへ行って参りました。
 ハニハニさんのオススメに注文を受けてから焼き上げるワッフルがあります。
 ワッフルに乗せるアイスはレギュラーの他に季節によって限定バージョンがあり、このミルクティーのアイスは現在の冬限定となっています。
 ひかえめな甘さと仄かな苦味が加わり、なんだか少し大人のバージョンのワッフルですね。
 コーヒーとセットで頼んでも1000円ちょっとで楽しめるお手軽さもポイント。
 多くのお店でチャージ代を採用している昨今、お財布に優しいメイドカフェはありがたい存在です。

maidensurvey.jpg

 なお、ハニハニさんでは当店のメイドが出演するメイドカフェガイドブック「MAIDEN SURVEY」がお読みいただけます。
 今からメイドカフェをお楽しみくださる方から、メイドカフェブームからアキバを御存じのベテランご主人様まで幅広くお楽しみいただける同人誌です。
 ご興味がある方は、注文したメニューを待っている間にでもご覧ください。


【HoneyHoney 秋葉原店】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田3-7-12 イサミヤ第8ビル2F



スープカレー カムイ 75回目

r2018012801.jpg

 今月で7周年を迎えたスープカレーカムイさん。
 お店の前には送られたお花が華やかですね。

r2018012802.jpg
ポーク野菜カレー(990円)

 今日はポーク成分が不足していたため、レギュラーのポーク野菜カレーにしました。
 外が寒かったため、珍しく辛さも0から1へ変更。
 トロトロに煮られた豚肉が非常に柔らかく、辛さもあって体がホカホカに。

r2018012803.jpg

 秋葉原全体が寒かったからか、今日のスープカレーは凄まじい湯気を発しておりました。
 これだけ撮影に苦労した(湯気の無い状態で撮影できなかった)日も珍しいですね。


【札幌スープカレーの店 カムイ】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区神田須田町2-12-5



メイドカフェぴなふぉあ壱番星劇場 2回目

r2018012701.jpg
おえかきホットケーキ(950円)

 訪問から2週間ほど経ってしまいましたが、冬コミの新刊が出来ましたので、ぴなふぉあのメイドさんにお届けに参りました。
 新刊「MAIDEN SURVEY」でのぴなふぉあの制服は当店のメイド長プリシアが担当しているのですが、実はポーズは実際にメイドさんがチェキで撮ってくれたもので、お礼も兼ねて向かったところ、なんと前作(C91新刊だった「メイドカフェABC」)用のレポート時に訪れた際のメイドさんにお会いできました。
 
 せっかくなのでおえかきホットケーキを堪能。
 前作の参考になったメイドさんは近々卒業されるらしく、当時の話をして楽しい時を過ごしました。

 なんか久しぶりに細かく書いたレポートになりましたね。


【メイドカフェぴなふぉあ壱番星劇場】
 公式サイト
 住所:東京都千代田区外神田3-10-5 イサミヤ第3ビル 3F



メイドカフェしゃるろっと 2回目

r2018011801.jpg

 岡山県へ行って参りました。
 岡山は多くの資料館やお城があり、旅をするのが楽しい県です。

r2018011802.jpg

 せっかく岡山に来たので、メイドカフェにも立ち寄っていきましょう。
 5年ぶりにお邪魔した、カフェシャルロットさんへ。

r2018011803.jpg

 当時と少し内装は変わりましたが、ゲームコーナーがあるのは以前と同じ。
 お客さんからはヴィクトリア朝の世界ではなく、現地のコミュニティスペースとして利用されているのがわかります。

 ですが、以降少し辛口の評価が続きます。
 気になる方はこれからの文章を読まずに、ページを移動される事をオススメします。

r2018011804.jpg

 この日のお客さんは私だけで、メイドさんは2人。
 キッチンのメイドさんは重い風邪なのか、調理中でも物凄く咳き込まれていています。
 マスクをされているにせよ、ちょっと気になります。

 もう1人のメイドさんは私にまったく話しかけずに、まるで私が存在しないように過ごされています。
 帰る間際に入られてきた常連さんには気さくに話しかけられているので、お店としてお客さんに干渉しないのスタイルでもなさそうです。
 座っているカウンターの前でぼんやりTVを観ているメイドさんの前で黙々と食事をしなければいけないのは、辛いものがありました。

 メイドカフェ訪問歴の中で、これだけ居心地が悪かったお店もそうそうありません。
 前回訪問から5年の間で、何かあったのかもしれませんね。



【カフェ シャルロット】
 公式サイト
 住所:岡山県岡山市表町3丁目7-15 2F